Q.自分名義の土地の一部に息子が自宅を建てた1月に、土地の名義人を息子に変更したのですが、後日知人に「土地を譲ったことになるので贈与税がかかる」と言われました。贈与税の課税は避けられないのでしょうか。

A.土地の名義を変更しても、贈与税申告や税務署の決定・更正処分前に名義を戻せば、贈与税は課税されません。

対価を受け渡さずに財産の名義を変更すると、新たな名義人が元の所有者から財産を贈与で受け取ったものと税務署に推定され、贈与税が課税されます。

しかし、財産の名義が変更されても、その手続きが双方の贈与の意思に基づくものでなく、やむを得ない理由や錯誤に基づいて行われたものであれば、例外規定としてその受け渡しが贈与税の対象にならないことがあります。贈与税の申告前に不動産の所有権登記を元の名義人に戻すことで、税務上は贈与がなかったものとされます。

 

出典:納税通信 第3441号 平成28年10月3日

banner-souzoku