Q.個人事業が軌道に乗ってきたので法人化することにしました。事業で使用していた資産のすべてを法人に引き継ぐ予定です。使用していた一括償却資産のうち、個人事業のときに必要経費に算入していない部分はどのように処理するべきでしょうか。

 

A.法人成りをした個人事業者が使用していた固定資産を、法人がそのまま引き継ぐときには、個人から法人に売却(譲渡)したものとして処理するのが一般的です。売却額は個人の事業所得には含めず、譲渡所得として計算します。

ただし、一括償却資産を法人に引き継ぐときには、資産の取得価額のうち必要経費に算入されていない部分を、廃業年分の事業所得の必要経費にすべて算入します。

また、一括償却資産の売却による収益は、事業所得の雑収入として処理します。

 

出典:納税通信 第3437号 平成28年9月5日

banner-keiei