東京都立川市の税理士 小嶋税理士事務所

経営者の皆様へ

法人の方、経営者の皆様へ

法人 経営者の方へ

こんなことでお困りではありませんか?

独立開業された方

  • 経理や税金について何をすればいいかわからない。
  • 届出書類をどこに提出するのかわからない。
  • 会社の事って誰に相談していいのかわからない。
  • 経理の仕組みが出来上がっていない。

税理士が既にいらっしゃる方

  • 今の担当者に不満がある。
  • 税理士に払う料金が不明瞭。
  • 経理を立て直したい。
  • 無駄な税金を払いたくない。

経営者の方へ お悩み解決

小嶋税理士事務所の3つの特徴

1. 毎月、直接お伺いすることで、経営者様の不安要素を無くします!

nakano-keieisya会社の数字を社長が把握していないと命取りになります。小嶋税理士事務所では、お客様に現在(今日)の数字を知っていただくため、必ず毎月訪問し、会社の成績表となる会計データの数字から経営指標を読み取れるように数字の見方からご説明し、内容まで理解していただけるようお伝えします。どんなに数字の嫌いな方でも、慣れてしまえば毎日、現在の数字を把握することができます。これにより将来の数字も予測しやすくなります。

2. 予算・資金繰り計画を作成し、経営者様のサポートをしています!

kano-keieisya過去の業績を見直すのも大切ですが、どのような予算を作成し、そしてどのような資金繰り計画を立てるのかが未来の業績を左右するのです。当事務所では社長と共に予算や資金繰り計画を作成し、会社の目標を明確にします。

そして予算と実績の対比を行うことで、会社の強みや弱みを把握できるようになり、より効率的に目標を達成できるようになるのです。

ご予算作成の流れ

  1. 会社として必要な”最終利益”を決めます。
  2. 人件費や減価償却費、そして、新規出店、新規事業など”戦略的なコスト”を決めます。
  3. 節約可能費は、本当に必要なコストだけ厳選します。ゼロベースで積み上げるのも効果的です。
  4. 全部門のコストを集約します。この段階で全社の大まかな予算像が見えてきます。 本社費を集計して各部門の本社費負担額を計算します。配賦基準は、直接人員比や粗利益比、売上比などがあります。
  5. 過去の実績などから変動費率を決めます。そこから、原価及び売上高が自動計算できます。

翌期の予算を策定

経営計画書作成のための専用ソフトにより、経営計画書を作成。
会社の目標や社長の夢を実現するために、経営計画書の作成は不可欠です。
我々は「絵に描いた餅」のような経営計画書ではなく、社長との入念なヒヤリングを基に実現性の高い経営計画書を作成し、翌期の予算を策定します。
過去の会計だけでなく、予算の策定を通じて将来の話を社長と交わしています。

経営計画書経営計画書経営計画書
経営計画書作成のための専用ソフト「TKC継続MASシステム」
「TKC継続MASシステム」は、経営者のビジョンに基づいた「中期経営計画」と、次年度の業績管理のための「単年度予算」の作成と「短期経営計画」の策定を支援する経営計画書作成ソフトです。

計画と実績の検証を継続的に実施し、問題点の発見・対策を検討する「業績検討会」や「戦略的決算対策検討会」の開催を支援し、企業の黒字決算の実現に貢献します。

定期的に行う業務の流れ

業績検討会の実施

期中の業績を基に、前期決算時において策定した予算との比較を行うと共に、当期の決算予測を行います。
TKC継続MASシステムを活用し、より正確な利益予測と納税シミュレーションを実施します。

利益予測と納税シミュレーション利益予測と納税シミュレーション利益予測と納税シミュレーション

3. 会社の将来を見据えて、事業承継にも対応しています!

会社を後継者へ承継させることについてはあまり考えたことが無いという方も多いかもしれません。しかし、何も対策をせずに事業承継をしてしまうと多額な相続税が発生したり、相続が「争続」になってしまったり、承継後に従業員がついてこなかったりと、様々な問題が考えられます。
事業承継対策の方法は千差万別。我々はまず会社ごとの現状把握から入り、それぞれの会社に適した事業承継方法・自社株対策方法をご提案致します。

まずはお電話ください!0120917914

経営者の皆さんからよく聞く言葉

予算決めや事業計画が立てられない

中小企業に必要なのは「予算」です

あなたの会社に「予算」はありますか?
特に年商10億円未満の会社ですと、そもそも組織がきちんとでき上っていない場合が多いですから、社長に対するアドバイス一つで変わる事は稀です。
そのくらいの規模の会社ですと、社員は社長の命令通りにはなかなか動いてくれません。

社長自身には売り上げを伸ばすための施策もアイデアもあるのだけれど、それを社員が理解していない。
社員はなかなかついてこない。
そういう会社にとって必要なのは、その伝達部分の改善であることが多いのです。
ですから、予実管理どころか、予算作りさえやっていないような会社に対し、どの様に役立っていけるかを考えるべきだと思います。

予算決めや事業計画が立てられない財務の視点から会社の実態を見て、そこから社長の発想に結びつけていく。
それが私たちの役割だと思っています。
社長のひらめきと財務をつなげるのです。
経理は資金繰りを心配しているのに、当の社長はそれに気づいていない。
それが典型的な中小企業の社長です。
売上しか見ない。
新規契約をとっては来るのですが、その契約履行のためのイニシャルコストがどのくらいかかるのか考えていない。
資金繰りが苦しい時に初期投資が必要な契約を取ってきてどうするのか?
そういった部分を指摘して差し上げるのが私たちの役割だと思います。
予算ができたら向こう1年間の短期計画を立てましょう!
そしてその次は「中期計画」の作成。社長の夢を実現化させましょう!

経理を立て直したい

経理を立て直すには新しい風が必要

「経理がガタガタなんです」
「経理担当者が辞めてしまって何もわかりません!」
「とにかく何から手をつけていいかわからないのです!!」
このような声を今まで沢山聞いてきました。「経理がお粗末な会社=自分の現状判断が出来ない会社」とも言えます。
「売上でしか判断できない」 「預金残高でしか判断できない」
ということです。つまりそれは、
「今月いくら売り上げるべきかわからない」
「いつ資金がショートするかわからない」
「税金がいくらになるかわからない」
ということにつながります。海図を持たないまま航海に出るようなものです。そしてその状況を変えるには「ちょっとずつ正していく」という方法は全く通用しません。社長の意識を変え、経理の体制を抜本的に変えるしかありません。そして、そのきっかけとして外側からのサポートが必要です。

当事務所は「経理の立て直し」を中心業務の一つとしております。詳しく知りたい方は是非ご連絡くださいませ。

お気軽にお問い合わせください。初回相談は無料です。

無駄な税金を払いたくない

事前に試算を行い、適切な節税のアドバイスをいたします

税理士の最も得意とする分野です(あたりまえですが)。決算前に利益予測・税額予測を行い、対策を行います。適切な税額は納付すべきと考えておりますが、無駄な税金を納付しないために節税対策をご提案いたします。毎月、しっかりと数字を把握しているので、決算であわてることはございません。
また、前期よりも急激に財務状況が悪くなってしまった会社様に対しては、必要に応じて中間期において中間申告を行います。この提案により、400万円以上の税金を中間納付しなければならなかった会社が、無税となったケースもございます。
税制は毎年変わっていきます。特に最近は中小企業をターゲットにした増税が増えています。税制の仕組も年々複雑になってきています。この波からお客様を守っていくのが税理士の務めです。

お気軽にお問い合わせください。初回相談は無料です。

まずはお電話ください!0120917914

税理士へのご相談・質問等はこちらまで TEL 0120-917-914 平日は9:00~20:00 土日祝日9:00~17:00

  • facebook
社長メニュー(貴社の最新業績確認)
PAGETOP
Copyright © kojimatax All Rights Reserved.